傘立てで玄関の広さが決まる

薄型のゴミ箱を傘立て代わりに使っていたせいか、ずっと玄関が窮屈で

使いづらいなあと思っていた。

あまりにも長い時間その狭さと煩わしさに飼い慣らされたせいか、

全然改善しようという思いすら起きずに、日々だけがどんどん過ぎていた。

特に今年は強い雨が多く、傘の出入りが多かった。

よくよく出し入れしてみると、やっぱり不便だ。

特に長い傘を動かした時に、しょっちゅう傘立てごと倒れて面倒な思いをした。

急いでいる時なんかはストレスがマッハである。

そういうことが連続して、やっと目が覚めた。

玄関で毎回面倒な思いをしているのは、傘立てのせいだったのか、と。

気づくのに5年・・・いや、36年かかったのかもしれない。

さっそく情報技術革命の結晶"インターネット"を駆使し、傘立てを死に物狂いで探す。

傍にはメジャー。表記されているサイズからだいたいの感覚を掴むためだ。

そしてちょっと高いかなーと思いながらもやっと見つけた。

なんともシンプルな佇まい。でもちゃんと重厚で、小さいながらも倒れる気配がない。

そもそも重量もクソもない100均のゴミ箱を傘立てに使うという

マイナススタートだったこともあり、こんなにどっしりしているものだったのか、と猛烈に感動している。

何よりも従来よりはるかにコンパクト。傘を刺す部分が4つ穴のシリーズもあったけど、

さすがに小さすぎるのは不安なので9つ穴をセレクトした。それでも小さくてスッキリ。

ちなみに底部と分離できるので、水をサッと捨てるのも楽チン。

さすが傘立てのくせに高いだけはある。

いいお仕事されてらっしゃるのがすぐ分かる出来。

まぁ一生モンと思えば、すぐに元が取れるのか。

それに今まで抱えていた小さなストレスから解放された。それで全てオッケーだ。

最新記事
アーカイブ
タグから検索