眠気にヤードム(インヘラー)

いつもお世話になっている先輩から、タイ旅行土産に面白いものをもらった。

地元民の間ではヤードム、諸外国のパリピにはインヘラーと呼ばれているものだ。

台湾では檳榔(びんろう)もそうだけど、覚醒作用のあるものが好きな

東南アジアの人々。タイはヤードムが夜中の職業ドライバーたちの目覚まし代わりで

鼻に突き刺したまま走っているそうだ。うーん、見てみたい。

気軽に持ち運べるリップサイズで、何やらタイ語で色々書いてある。

もちろん読めないので全無視しながら早速キャップを開けてみることに。

どうやらこの白い部分を鼻の穴に突っ込み、空気を吸い込むようだ。

試しに一発かましてみる。

〜〜〜〜ッッ!

結構ハードにハッカのパンチが鼻奥に飛んできた。

これは眠気が吹っ飛ぶ、確かに。そしてもう片方の鼻へ。これはもうなんだか

よく分からないけど気持ちがいい。ずっとタバコのメンソールを吸い続けていて

割とハッカ慣れしていることもあり、とても心地良し。

鼻風邪引いた時なんかに重宝しそうだな、くらいにしか思ってなかったのに

予想以上にハマってしまい、気づいたら1時間おきくらいに吸い込んでいるではないか。

なんかあっさり癖になってる。これは悔しい。

さらに謎の利便性というか、下部はリキッド収納部分になっていて↓

メンソール成分の液体がなくなったらスペアのリキッドを注入すると

永久に使えるという親切設計なのが特徴。

この商売っ気の無さは、日本のリップクリームメーカーも見習って欲しいところだ。

鼻炎持ちの受験生や風邪をひきやすい人はぜひ使って見て欲しい。

多少どころか、結構マシになるはず。きっと。

最新記事
アーカイブ
タグから検索