台車界のメルセデス「カルティオ」

撮影の時は大量の荷物を一度に運ぶシーンが頻繁に起こる。

当然そんな時は台車を使うことになるのだが、ガタガタと結構な音と

振動を出しながら進み、

挙げ句の果てにはあまりの機材の重さに耐えられずに、車輪がすぐダメになりがちだ。

何台も乗り継いで結局たどり着いたのが、このトラスコ中山さんが

社運を賭けて産み出したであろう(憶測)奇跡の台車「カルティオ」である。

全ての台車を過去のものにした圧倒的性能は大きく分けて3つ。

●軽さ

職業柄、車に載せて移動先で台車を積み下ろす、というアクションが多い。

台車それ自体が重いと、仕事前に疲れきってしまうのだ。

その点、カルティオは名前通り重量が7.9kg。

これはロードバイクの上位車種と同じ軽さ。

つまり片手でひょいと持ててしまうレベルだ。

荷台部分は軽量樹脂を惜しみなく使用。剛性を維持するために計算され尽くしたで

あろう美しい肉抜きによるシェイプアップ。

使うたびに企業努力が垣間見える、というのも特徴のひとつだろう。

●耐加重

公式ではなんと200kgもの貨物に耐えれらる。

いわゆる通常の台車の耐加重平均は150kg。成人女性一人分のプラスである。

実際に測って積んだことはないが、カメラバッグにストロボ、布類など限界まで

載せて、涼しい顔をして現場まで運んでくれた。

エンジンでも同じことが言えるが、できるだけ性能限界の高いものを使って

低レシオで通常運転させるのが物を長持ちさせる秘訣だ。

「耐加重150kgの台車で50kgの貨物を9年間運んだら壊れる」と仮定した場合、

単純計算で「耐加重200kgなら同条件で12年間寿命が持つ」ことになる。

ずっと未来から見たら、結局安くついてたなあ、という話だ。

二度と買わなくていいってくらいに頑丈にできてると思うし。

●静音性

これが台車に求められる最も重要な性能だ。

仕事柄、極力静かに移動することが良しとされているこの業界。忍者のように

スススッと進むのは何よりの財産なのである。

カルティオは道を選ばない。

石畳、アスファルト、舗装路、リノリウム、オフロードetc...

あらゆる地形でとにかく静かに静かに粛々と物を運ぶ。

その乗り心地、押し心地、運転性能の優雅さと言ったら。それはもはや台車界の

メルセデスSクラスと言っても過言ではない。

持ち手に伝わる微弱で上品な振動を、ぜひ体験してもらいたいものだ。

最近同じマンションにカルティオを使っている夫人がいて、エレベーターが一緒になる

タイミングがあった。なんだか嬉しくなっちゃって「ウチもその台車なんですよ!

超使いやすいですよね!」と話しかけるも「あっ、ああ、、そうですね、、」と微妙な顔。

若干引いておられた。「人間誰しも自分の持ち物を褒められたら嬉しい」という

あの法則は何だったのか。世知辛い世の中である。

最新記事
アーカイブ
タグから検索