圏外編集者

活字を読み始めるとマルチタスクができなくなる、という理由で

しばらく本から離れる人生を送っていた。

ところが最近、久々に痺れる本に出会った。

止めどきがわからんくらいに面白い。

これは中島らものエッセイ以来の感覚だ。

それはサブカル界の重鎮である都築響一さんの出版した「圏外編集者」。

筆者の半生から思想、生み出した作品に至るまでを網羅し、

底の見えない造詣の深さを垣間見ることができる。

元々バイトから「POPEYE」「BRUTUS」といった雑誌の世界に飛び込み、

いつの間にかフリーの編集者として活躍している都築さん。

独自の視点から世の中を観測し、

日の目を浴びずに人々に見捨てられた場所、

人、物へスポットを当てる。

対象を常にリスペクトする姿勢、

気になるものをどこまででも追いかける執念、

大量の素材をまとめ上げる根性。

その姿はまさに編集者の鑑だ。

何のためにその本を作るのか?

何に興味を持って、どれだけ情熱を注ぎ込めるのか?

文中から溢れ出す筆者の熱量にやられて、

何か始めないと・・・と背中を押されるような気持ちになれる一冊。

読むほどに、彼の目線から描かれるリアルな日常風景、

それがどういう経緯で本という形へ紡がれていくのかが

手に取るようにわかる。

新しいことを始めようとするバイタリティ溢れるチャレンジャーたちに

ぜひ読んでほしいと思う。

最新記事
アーカイブ
タグから検索