菜園コスパ最強、パクチー

先日、大規模な農場経営をされている方のところへ

お邪魔する機会があった。

広大な敷地には、ナス、キュウリ、トマト、バジル、

果ては蜂蜜までと、ものすごい種類のものがすくすくと育っている。

その中の一角、ビニールハウスの横にズラーッと植えてある植物から

とても素敵な香りが漂ってきた。

これは・・・パクチーだ!

中国では香菜(シャンツァイ)、英語でコリアンダーと言われるあいつだ。

それはそれは見たこともない物量のパクチーが、

芳醇で鋭いフレーバーを放ちながら太陽に向けて葉を向けていた。

すごいすごい!と大喜びしている姿とは裏腹に

(・・・パクチーって店売りだと結構な値段するよな・・これだけあれば・・)

なんて邪な皮算用が、頭の中で弾くそろばんの音が漏れ聴こえたのか、

と思うタイミングで経営者の方が一言。

「パクチーはね、店で買うより育てたほうがいいよ。安くて」

感覚では理解していたが、それでもなお目から鱗な金言である。

さらに経営者は続ける。

「育てるの簡単だし。室内でもいけるし。

他のに比べると初心者向けでいいんだよ」

これはやってみないと、と奮い立たせられる発言。

さらには育て始めるのには秋がベストな気候だそう。

普段より多めにパクチーを食卓に組み込める。

予算を気にせずいろんな料理にインできる。

部屋にグリーンを置いてインテリア的にもアクセントになる。

気軽にスローライフの真似事ができる。

当然心にもゆとりができるはずだ、きっとそうだ。

色々と夢が広がる話じゃないか。

育ちきる2週間置きにパクチー祭りが楽しめるとは。

我が家に導入する日もそう遠くないだろう。

最新記事
アーカイブ
タグから検索