不眠症の救世主、クナイプ

もうずっと長いこと不眠症である。

眠り下手、という表現のほうがしっくり来るけど。

大体布団に入ってから落ちるまでに2時間はかかる。

寝る前にコーヒーを止める、部屋を暗くして過ごす、

ストレッチをして体を少し動かすetc..

それはもうスパッと眠る方法を色々と試したが、

しかし全く改善されないまま、30数年以上の歳月が過ぎようとしていた。

そんなある日、ひょんなことから面白い名前のバスソルトを入手した。

その名も「クナイプ グーテナハト」。

ドイツ語でおやすみなさい、と品名に堂々と書いておるではないか。

もしかしたらお風呂でポカポカになった体にアロマ的な効果で

睡眠導入へのシナジーが起きるかもしれん!と淡い期待を抱き始める。

当然風呂掃除する動きもいつもより機敏だ。

颯爽と水でバスタブを流し、時計を見る。am0:45。

時間もバッチリ寝る直前だ。

そして厳かにお湯を溜め始める。

半身浴になるような水量で。

焦らず適温、40℃。

好奇心と猜疑心、相反する感情が心を締め付ける。

だってそれはもうずっと待ち焦がれていた、

素早く眠れる睡眠スイッチなのかもしれないのだ。

で、待つこと15分。ついにその時が来た。

"ピロピローン お風呂が 沸きました"

無機質な女性のアナウンスがリビングに聴こえてくるも、食い気味に湯船へダッシュ。

勢いよく蓋を外し、旭日松ばりにバスソルトをぶちまける。

その刹那、鼻腔から脳髄にかけて、

シトラスのような、色で言えば蒼のような、

静かに澄み切った湖にゆらりと波紋が浮き出るような、

とても静的なフレーバーが漂う。

店の前に立ち止まって嗅ぐ匂いで

なんとなく美味い店かどうかが分かるように、

バスソルトの匂いを嗅いだ瞬間に「あ、これは眠れるだろうな」と

確信めいた予感が心をよぎる。

湯にゆっくりと溶けていき出来上がった湯船もやはり、

夕日の落ちた直後を想起させる、透明度の高いブルー。

脳内に流れてくるのは久保田利伸の名曲「夜に抱かれて」。

そのまま湯船に浸かり、浴槽に身を任せる。

ここ・・・これは!なんともいい塩梅ではないか!

時間の感覚を忘れるほどに心地よく、

ため息がいつもの5倍くらい出る。

今まで使ってきた◯王の◯ブやら、◯スロ◯ンといった入浴剤を

一瞬で過去のものにする湯ざわり。芳香。

気づけばあっという間に45分経過していた。

なんという時間泥棒。

ちなみに入浴後の睡眠導入効果だが、普段では考えられないほどの

恐ろしいスピードで眠りの尻尾を捕まえることに成功した。

頑張って寝ようとしなくても、自然に夢が向こうから迎えに来るような。

なんとも素敵な体験をした夜だった。

当然次の日に速攻で大サイズの本アイテムをゲットしたことは

想像に難くないだろう。

何度か使うことで、湯上りにより強力な導入感を

残すコツを掴むことにも成功した。

なるべくフレーバーを体に残すために、

上がり湯(シャワー)を使わない、という技である。

これは効能のある温泉でも有効な方法なので、ぜひお試しを。

泣け!泣け!と迫ってくるような

感動を押し付ける映画はあまり好みではないが、

寝ろ!寝ろ!と睡眠を押し付けてくるアイテムは大歓迎である。

このクオリティの入浴剤がこれからバンバン増えて欲しいものだ。

最新記事
アーカイブ
タグから検索