ヘアオイルから椿油へ

基本、髪の毛は乾かしたらそのまんま。

整えたい時にもジェルやムース、ワックスはできるだけ使いたくない。

でも、やっぱりセットした感は欲しい。

そーなってくると、ヘアオイルを使うことになる。

これはこれでいい匂いもするし、何の問題もないと思っていた。

が、ある日行きつけのサロンで

「髪に整髪料をつけた状態で汗をかいたりすると、頭皮や顔の皮膚にまで

ケミカルなものがついてしまう。シャンプーで洗い流す時は身体中に落ちていくでしょ。

だからなるべく自然由来のオイルを使ったほうがいいよ」

うんうん、確かに納得。

「ウチの旦那が整髪料つけるのやめて、これに変えたら毛量増えたんだから」

マジっすか、なんて話しながら勧められたのが、椿油というアイテム。

どうも昔から存在しているっぽいクラシックなデザイン。悪くない。

その場で髪を切り終わってつけてもらう。当然無香料だから匂いもないし、

油というほどベタつかない。いい感じだ。

素晴らしい情報をありがとう、担当のみゆきさん。

私は「興味が湧いたものに対しては投資を惜しまない」という

スタンスを貫いているので、こちらもやはり帰りしなにゲット。

同梱している取説に軽く目を通すと

"1~2滴でいいです"とある。

そんな訳あるか、とその時は鼻で笑っていた。

後日、実際に使って見る。

・・・すみません、1~2滴でよかったです。はい。

いつも使っていたヘアオイルより、何倍も伸びる。

適度にまとまる。気持ち髪の毛に優しい感じ。

何よりも全く減らない。全然長持ち。

さらに皮膚に悪いどころか、むしろ良い効果があるのだろう。

オイルパックや頭皮ケアなどにも使えるとのこと。

これはいい買い物をした、というか死ぬまで椿油で通そう。

そう思える一品である。

最新記事
アーカイブ
タグから検索