カジメって何?海草ですよ

住処から近い、個人的に一番好きな屋台のラーメン屋へ行った時。

昔からメニューにあったんだろうけど、ラーメンの隣に

今まで全然気づかなかった文言が目に入ってきた。

・ラーメン

・カジメ

初めて目にする名前だったので、大将にカジメって何ですか?と

聞いてみたら、奥のケースから凍ったものを出してくれた。

わかめ?昆布?を細かく千切りにしたようなその姿に、

凍っているのに鼻をかすめる磯風味。

「サービスするけん食べてみりぃ」と私のラーメンの丼に投入してくれた。

なんとも気前のいい大将だ。そしていい屋台だ。

丼の中のカジメは、スープの熱でふわりと溶けたかと思うと、

ネバネバと強い粘度を持ち始めた。と同時に「我、海草也」と言わんばかりに

海の香りを放ち出す。

トッピングのくせにすごい主張してくるな。なんなの。

とか思いながらラーメンと一緒に一口。

超絶合うんです。(※リンク先動画注意)

コク深い豚骨スープが一気にスッキリとした味わいに早変わり。

ネバネバした部分も麺と絡まり、味わいがずっと口の中に残っているよう。

脂っこさを全く感じさせない磯風味も相まって、替え玉するつもりが

思わず完飲してしまった。やられたっ・・・!

体に良さそうなものはマズイと相場が決まっているはずなのに、

このカジメときたら。本当に引き立て役として申し分ない実力を持っている。

大将曰く、九州の北部でよく捕れる食材みたいで、

戦前〜戦後ちょっとまではよく食卓に並んでいたそうだ。

こちらの屋台で使われているのは糸島産。

私が知らないだけの常識的な食材だったら結構な恥じらいなので、

これ以上はwikiに任せようと思う。ちなみにレシピもたくさん。

普段使いもかなり有効みたいだ。

最新記事
アーカイブ
タグから検索