カメラバッグ-スリングバッグ編

カメラバッグ-リュック編で書いたようなガチのやつはいらん!

レンズも一本で十分!という時にコンパクトな取り回しができるのが

こちらのマンフロットのスリングバッグ。

財布などの荷物を収納するスペースがあったり、

左のジッパーからレンズつけっぱなしの本体をスッと取り出したり、

とてもカメラを持っているとは思えないくらい身軽になった気分だ。

何よりいちいち地面に置く→取り出すという手間から解放されたのは非常に大きい。

デイリーユースというか、下手したら収納するのがカメラじゃなくてもいいのでは!?

と思わせるくらいに気軽で素早く、いい仕事をする逸品。

三脚を手に持たなくてもいい、というのも個人的には素敵な特徴である。

最近はミラーレス一眼も増えたこともあり、一般的には

こういうコンパクト目なバッグのほうが手軽でいいんだろうと思う。

風景やポートレートなんかはこれで十分だし。

バッグなしで無造作にカメラを使っている人がいるなら、

持っていて完全に損はしないと言い切れるアイテムだ。

最新記事
アーカイブ
タグから検索